ぼちぼち、書こうと思います。
よろしければ、おつきあいください。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
クレジットカードのステータスと取得難易度について

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

クレジットカードのステータスと取得難易度について、少し考えてみたいと思います。

 

 みなさん、『クレオタ』ってご存知ですか?『クレジットカードおたく』のことです。かくいう私も、そのひとりかもしれませんが…。

 社会人も、40代や50代になると、やっぱり見栄や付き合いで、ゴールドカードなどの少し見栄えのするクレジットカードが欲しくなるものです。そこで、『ステータスのあるクレジットカード』が欲しくなるというわけです。まあ、器の大きい方には、縁のないお話かもしれませんけれども。

 

 では、『ステータスのあるクレジットカード』の『ステータス』って何でしょう。広辞苑によれば、『身分。社会的な地位・階級』とあります。では、世界中に存在する何百、何千というクレジットカードに数値化されて、ステータスを測れるような尺度が存在するのでしょうか。もしかしたら、どこかには存在するのかもしれませんが、私は知りませんし、ほかの多くの方もご存じないようです。だから、世の中(ネットの世の中ですが…)には、各自の尺度でステータスの順位を表現したホームページが溢れているのではないでしょうか。

 その数あるホームページを見てゆくと、『ステータス』をそのカードの『取得難易度』と結び付けて尺度とされている方も数多くおられるようです。確かに、一般カードとゴールドカードとか、銀行系や流通系というような大きなくくりの中ではある程度の相関性はあると思いますが、例えば、銀行系ゴールドカードという一つのグループの括りの中で、取得難易度をステータスを測る尺度とすることは如何かと思っています。

 

 一つの例をあげましょう。同じゴールドカードでも、アメックスのゴールドカード(いわゆる『雨金』)と三井住友ゴールドカード(『蜜墨金』)の二つについて考えます。一般的にネット上では、雨金の方がステータスが高いという意見が多いようです。が、取得難易度についてはどうでしょう。これは逆に、蜜墨金の取得難易度が高いようです。

 取得難易度の高いカードといえば、いわゆる『雨黒』(アメリカンエクスプレスセンチュリオンカード)が有名ですが、我々一般人の手の届く範囲で言うと、やはり『階級』(JCBクラス)ではないでしょうか。 JCB一般カードを手にしてから『階級』に行き着くまで、数年はかかるようです。クレジットカードとしての評判はすごく高いようですし、私は持っていませんが、持っている知り合いに言わせれば、『すごく良いカード』だそうです。でもこれを以って、『階級』のステータスは『雨黒』に迫るほどで、『雨黒』とならんでブラックカードの双璧とも言われている『黒茄子』(ダイナースプレミアムカード:『平茄子』(ダイナースクラブカード)から1~2年で取得できるようです)以上のステータスがあるということにはならないですよね。

 

 少し古いものですが、ここにひとつの資料があります。2011年にニールセン社という市場調査会社から出た資料ですが、国際ブランド別のクレジットカード会員ひとり当たりの年間利用額です。  

 
   国際ブランド    年間利用額
  アメックス    7,710ドル
  ダイナースクラブ    4,417ドル
  VISA    2,638ドル
  MasterCard    2,267ドル
  銀聯    1,638ドル
  JCB    1,359ドル

                  2011年ニールセン社

 

 これを見ると、6大国際ブランドのうち、『国産』JCBの年間利用額は最下位、アメリカンエクスプレスの約1/5です。日本は、経済大国だった筈なのですが…。

 カード一枚当たりの年間利用額は、逆に見ればカードを使われる店舗側にとってのカードブランド別の期待値(このカードを持っている人がどれだけのお金を落としてくれるのか)だと思います。それが、最下位なんですねえ…。でも、数字に嘘はないだろうし…。マラソンに例えれば、先頭集団の第1グループが先頭のアメリカンエクスプレスとそれを追うダイナースクラブ、少し離れて第2グループのVISAとマスター、そして第3グループであるアジア勢がすぐ後を追いかけているという構図なんでしょうか。

 実際にアジア、ハワイなどの日本人観光客が多い地域以外ではJCBの知名度は低く、使えないところもまだまだあるようです。国内で使う分には最強ですけれども…。でも、逆に国内最強だから利用額の平均値が低くなってしまうのかもしれませんね。パン一個買ったり、スーパーで買い物したりするだけの人が多ければ、いくら海外旅行で大金を支払う人がいても、そりゃあ、単価は下がりますよね。それに、海外旅行に行く人は『VISAのブランドがついたカードも持ってった方が良い』って、多くのホームページに載ってますから。

 

 話が少し、それてしまいました。元に戻しましょう。なぜ、上の数値を出したかというと、この数字は先ほど店舗側から見た期待値であると申し上げましたが、この数字こそが、店舗側からみた『身分、地位(社会的地位ではありません)、階級=ステータス』ではないかと思うからです。店舗側から見れば、多くのお金を支払ってもらえる顧客が上客ですから。

 ただ、気を付けたいことのひとつは、上の数値は、6大ブランド別であるということです。数多くの会社で同じようなカードを複数のブランドから出しています。例えばANAカードです。同じランクのカードがJCBからもVISAからもアメリカンエクスプレスからも出ています。そして、そのカード同士においては、ブランドごとの個性は感じても、特にステータスの差は感じない方がほとんどだと思います。

 そして、大事なことはもう一つ、このデータはあくまでも2011年に発表されたものだということです。中国の発展は物凄いもので、もしかしたら、銀聯カードの現在の利用高はこのデータとは比較にならないくらいかもしれませんし、他の会社にしても状況は全く異なっているはずです。このデータをご覧になるかたは、この二点にどうぞご注意ください。

 

 『あくまでも店舗側からみたクレジットカードのステータス』として、クレジットカードのブランド別ステータスを数値化したデータを挙げてみました。先ほども申し上げましたが、これは店舗側からのみの視点であり、特に『社会的地位』は全く無視されているデータだと思ってみていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21:20 クレジットカード comments(0)
1/1PAGES